« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

知ることの幸せと不幸せ

先に言いますが、誤解を招く内容なので躊躇した内容です。

自分は、全てを知らないといやで、知った内容を他に伝えたい方は、読まないで結構です。

今回の内容は、かなり、言葉を選んだ内容なので、誤解を招きかきかねないので、読まれる方も、ご注意願います。

お尋ねします、自分は、知らないことがあるのがいやな方へ

なぜ、自分が全てを知らないといやなのですか。

それを知ってどうするのですか。

それは、自分の持っている知識で消化しきれる内容ですか。

そして、消化しきれていない知識を他人に誤って知らせていませんか。

その結果、だれかに不快感を与えていませんか。

知ることは大切です。

ただ、知ったことが、自分の知識で消化できる内容なのか、他人に伝えられる状況なのか考えてください。

何に関していっているかは、あえて言いません。

私も、全てを知っている人間ではありません。

ただ、自分の正義のために、他人に不快や不安を与えていないか、一歩引いて、いくつかの異なる立場で、物事を見てください。

自己満足のために、他人に不快感を与えるのが正義ですか。

ただ、耳をふさげといっているのでは、ありません。

まず、己を知ってください。

知るべき情報が、自分の知識で消化できる情報なのか。

そして、その情報が発信者の一方的な見方か、その発信者のただ鬱憤晴らしでないかも考えてください。

その疑いは、本当に疑うべきことか。疑い始めたら、どんなことでも疑えますから。

これができないなら、他人に知らせることをやめてください。

私は、色々な面で無知でお人よしかもしれません、ただ、思うことは、「他人に不快感や不安を与えて何が楽しいのですか」、それだけです。

そして、ネット上の発言は、便所の落書きでないことを忘れないでください。

意見のある方は、どうぞ。

ただ、その場合も、自分の意見でお願いします。

第三者の考えを入れる場合は、具体的な情報源が分かる形でお願いします。

それは、だれもが、確認可能な情報ソースでお願いします。

それと、私は、物事を二項対立で考えるつもりもありませんので。

それでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »