« たぬきの手 | トップページ | サービスって »

ほんのぐちかもしれませんが

この時期になると思うこと、伝統って何なのか。

某TV局が、目的がわからない長時間の番組や、芸能人の酷使をかなりやっています。

あの番組の初期の目的と現在の目的は、同じなのか疑問に思います。

何か、初期の目的が、視聴率やマンネリという、外部要因で変質したのではと。

これ邪推ですが。

ただ、ここまでの番組だと、伝統とかいう人がいます、ただ、伝統は惰性につながる、そして、途中からのものが誤った伝統を作ることも考えてほしいです。

伝統は、気がついたらできたもの、つまりは、結果。

伝統だけを気にしだしたら、今を見ていないのでないのないのでは。

そして、伝統と思った瞬間に崩壊が始まる。

この思いを忘れないことが大切かも。

そして、チャリティーは、やっていると見せたら、本当に格好悪いですよ。

チャリティーを行うのだったら、本当に、さりげなく行わないと、しているとわからせないぐらい。

これが、自然にできる人、本当にかっこいいと思います、ただ、自分にはできないかもしれませんが。

そして、その人は何気なく言うかもしれません。

「ただ、当然のことをしただけです」

この国に住む民は、自然にできたことが、いつから、できなくなったのかと思うときがあります。

たんなるぐちです。

それでは。

|

« たぬきの手 | トップページ | サービスって »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1272532/46829461

この記事へのトラックバック一覧です: ほんのぐちかもしれませんが:

« たぬきの手 | トップページ | サービスって »